無神経なSNS広告はどうすれば減るのか

2019年1月8日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨今、多くのSNSではユーザーの活動に応じて「適した」広告を表示する仕組みが導入されている。しかし、その結果ユーザーが不快に思うような広告が表示されることもあり、無神経だとの批判が出ている(ニューズウィーク日本版)。

 一度でも妊娠関連の投稿をすると、赤ちゃん関連の広告が表示されるようになる。例えその後、赤ちゃんが流産で無くなっても、というお話。我が家も去年流産したので、まことに同意である。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 広告 | IT | SNS

 関連ストーリー:
プライバシーとセキュリティを念頭に置いたFacebookの新デバイス、データはターゲティング広告に 2018年10月21日
Facebookは人間性を無視した悪しき存在である 2018年08月09日
Firefox、特定の種類の広告をデフォルトでブロックする計画を公表 2018年03月30日
PC向けのOpera開発者版、ネイティブの広告ブロック機能を搭載 2016年03月13日
サードパーティーCookieを無効とするブラウザにも対応する行動ターゲティング広告技術 2013年05月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース