ソフトバンクが公開価格1500円にジリジリ接近

2019年1月7日 13:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■上場後まだ公開価格を上回っていないため注目強まる

 昨年12月に上場したソフトバンク<9434>(東1)は1月7日の後場寄り後、1430円(31円高)となり、5日続伸基調。日々小幅高だが、公開価格1500円にジリジリ迫っている。上場後、まだ公開価格を上回ったことがないため、注目度は高いようだ。

 1月1日付でホームページにアップした宮内謙・代表取締役社長執行役員兼CEOの年頭所感では、「今年は新しい元号に変わりますが、通信業界は5G元年です」などと5G時代への取り組みを強調している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース