TEACは未だにMDデッキを生産 国内唯一のメーカーに

2019年1月4日 21:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 光磁気ディスクベースの音楽記録メディア「MD」(ミニディスク)は1990年代に流行したものの、2000年代以降はiPodなどのMP3プレーヤーの登場により利用者が減っている。しかし、現在でもまだMDデッキは生産されているそうだ(withnews)。

 現在、TEACが国内で唯一となるMDデッキ「MD-70CD」を生産している。ただ、TEACも「MDデッキを作っている会社は、うちが最後」と言い、同社も2〜3年後には製造販売が終わっているのではないかと見ているそうだ。また、TEACが製造販売を終了した場合、ほかのメーカーがMDデッキを作るのは困難ではないかとも同社は答えている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 音楽

 関連ストーリー:
ソニー、MDプレーヤーの販売を終了へ 2013年02月01日
ソニー、9月をもってHi-MDおよびMDウォークマン製品の出荷を終了 2011年07月08日
ソニーのオーディオ事業本部長、Walkmanについて語る 2007年10月14日
TEAC、Wリバースカセットデッキの新製品を発表 2006年11月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース