複数のスマホアプリ、ユーザーに無断でFacebookに情報を送信か

2019年1月4日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 プライバシ保護に関する活動を行なっている非営利団体Privacy Internationalが12月29日、複数のAndroidアプリが利用者の合意なしにFacebookに利用者の情報を送信しているとの調査結果を公開した日経新聞共同通信)。

 以前の調査では、Google Play上で公開されている無料アプリのうち42.55%がなんらかの情報をFacebookに送信していたことが判明していたそうだが、今回の調査では34のAndroidアプリを対象とし、Facebookに情報を送信しているか、また送信している場合はどのように情報を送信しているかについて検証されている。

 検証結果としては、まずテスト対象のアプリのうち61%がアプリの起動時(アクティベート時)や終了時(デアクティベート時)にデータをFacebookに送信していたという。このデータ送信はFacebookにログインしていなかったり、Facebookにアカウントを作成していない場合でも行なわれていたという。これはこういったアプリで使われている「Facebook SDK」によるものと思われ、これによってFacebookはアプリの起動頻度などを収集できるという。

 また、一部のアプリはユーザー固有のID(google advertising ID)の送信も行なっていたという。この情報をユーザーアカウントと紐づけることで(使用したアプリなどから)ユーザーの属性を推測できるという。さらに、よりセンシティブなデータを送信するアプリも確認されており、例えば旅行プランの検索・価格比較アプリ「KAYAK」では出発地や出発時刻目的地および到着時刻、チケットの数、チケットの種別を含むユーザーのフライト情報検索結果を送信していたそうだ。

 今回調査対象となったアプリのうち、起動時などに情報を送信しているものとしてはSpotifyやIndeed job Searchが挙げられている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Facebook | IT | プライバシ

 関連ストーリー:
AndroidがGoogleに送信する利用データはiOSの10倍? 2018年08月25日
Google、アプリで位置情報をオフにしても位置情報を保存していたとの報道を受けてヘルプを修正 2018年08月19日
Facebook、Androidユーザーからの通話/SMS履歴収集はオプトインによるものだと主張 2018年03月29日
Google、ユーザーの合意なく個人情報を収集するAndroidアプリで警告を表示する計画 2017年12月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookAndroidSpotifyGoogle Play

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース