Twitter上では30秒に1回、女性への嫌がらせが発生

2018年12月31日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 人権団体のアムネスティおよびカナダのElement AIの調査によると、Twitter上では30秒に1件の頻度で女性議員や女性ジャーナリストへの嫌がらせが発生しているそうだ(FastCompanyMIT Technology ReviewSlashdot)。

 英国議会や連邦議会、米国上院に所属する女性議員や英国の女性ジャーナリスト778人のTwitterアカウントを対象に調査を行なったところ、2017年の1年間で合計110万件の攻撃的なツイートが送られていたという。これは30秒に1件という頻度で、これらのうち7.1%が攻撃的な内容だったという。

 また、人種によって嫌がらせの頻度も大きく変わるとのことで、例えば黒人女性の政治家やジャーナリストは同じ職業の白人女性に比べて、攻撃的なツイートや問題のあるツイートで「攻撃」される確率が84%も高いという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | SNS

 関連ストーリー:
艦これ運営のTwitterアカウントが凍結される、第三者からの虚偽のDMCA申請が原因 2018年02月22日
ジョン・マカフィー曰く、2要素認証を有効にしたらTwitterアカウントがハックされた 2017年12月31日
ロシアTwitter、テロ攻撃後SNSの議論誘導を行う。英国の分裂が目的か 2017年12月26日
Twitter、米トランプ大統領に対し暴力的なTweetをしても凍結しないとのお墨付きを与える 2017年12月21日
米トランプ大統領のTwitterアカウント、Twitter従業員が無断で停止させる 2017年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter

広告