Dell、ニューヨーク証券取引所に再上場

2018年12月30日 21:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Dell Technologies(Dell)は12月28日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)で再上場した(プレスリリースThe Vergeの記事Reutersの記事)。

Dellは2013年に創業者でCEOのマイケル・デル氏らによる買収(MBO)案が承認され、上場(NASDAQ: DELL)を廃止して非公開企業となった。しかし、2016年にはEMCの買収に伴って発行したVMware株の持ち分に連動するクラスV普通株式(トラッキングストック)を上場(NYSE: DVMT)。限定的ではあるものの、再び公開企業になっていた。

2018年7月にはDVMT株をDellのクラスC普通株と交換または買収し、IPOを行わずにクラスC普通株を上場する計画を発表。この度すべての取引が完了したためDVMT株の上場を廃止し、クラスC普通株を再上場(NYSE: DELL)した。取引は46ドルで始まり、時価総額は160億ドルだという。2013年のMBO時の買収総額は約249億ドルだった。

Dellの再上場については、傘下のVMwareがDellを買収する「逆さ合併」によりIPOを避けることを検討しているとも報じられていたが、Dellは引き続きVMwareの普通株式の81%を保有し、VMwareはDell傘下で独立した公開企業の状態を維持する。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ハードウェア | ソフトウェア | スラッシュバック | IT

 関連ストーリー:
Microsoft、米国で第5位のPCベンダーになる 2018年10月13日
DellがVMwareによる逆さ合併を検討と報じられる 2018年02月02日
Dell、EMCの買収にともなって社名をDell Technologiesに 2016年05月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードVMware買収DELL

広告

財経アクセスランキング