Amazon、GDPRに基づく個人データ開示請求に他人の大量の音声データ送付

2018年12月25日 22:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 欧州では企業が収集した個人に関する情報について開示請求を行う権利が認められている(過去記事)。とあるドイツのAmazon利用者がこれに基づいてAmazonに対し収集した個人情報の開示を求めたところ、開示されたデータの中には自身に関するデータだけでなく、まったく関係のない他人の音声ファイル1700本が含まれていたそうだ(ASCII.jpロイターSlashdotheise online)。

 このデータはAmazon Echoなどのスマートデバイス経由で収集されたものと見られており、本人を特定することもできたという。

 Amazon広報は「この残念な事例は人的ミスの結果であり、単独の事例だ」と説明している。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | プライバシ

 関連ストーリー:
Amazon、顧客の名前や電子メールアドレスをWebサイトで誤って公開したとの通知を送って混乱を招く 2018年11月23日
EUの一般データ保護規則(GDPR)、多くの企業で対応が不十分という指摘 2018年07月06日
EUの一般データ保護規則(GDPR)が施行、GoogleとFacebookがさっそくGDPR違反として提訴される 2018年05月29日
GMOインターネットから漏洩した個人情報、Amazonで販売される 2017年11月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazonAmazon Echo

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース