マコーレー・カルキン、28年の時経て「ホーム・アローン」をCMで再び演じる

2018年12月24日 21:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

俳優マコーレー・カルキンが28年前に主役のケビン・マカリスターを演じた映画「ホーム・アローン」の名場面をGoogleアシスタントのCMで再現している(Home Alone Again with the Google Assistant9to5Googleの記事The Vergeの記事)。

1分間のCM本編は、ケビンが目を覚ますと家には自分一人しか残されていないことに気付く場面から始まり、映画のさまざまな場面でGoogleアシスタントの力を借りて夜まで無事に過ごすといった内容だ。メイキング動画や本編でカットされた部分を含む15秒のショートバージョン「Pizza」「Mac and Cheese」「Bed」「Aftershave」も公開されている。

また、Googleアシスタントでは期間限定で以下のようなホーム・アローン版イースターエッグが利用できるとのこと。 Hey Google, how much do I owe you? 
 Hey Google, did I forget something? 
 Hey Google, the Wet Bandits are here. 
 Hey Google, it’s me Snakes. I got the stuff. 
 Hey Google, I'm the man of the house. なお、当初公開されたバージョンではノッチや画面の角の丸みがなく、エッジまで画面の広がる謎のPixelスマートフォンが登場していたが、指摘を受けて普通のPixel 3 XLに差し替えられている。その結果、Googleは再生回数を維持したままでYouTubeの動画を差し替えられることが判明した。先日話題になった映画のシリーズ作品に関するアンケート調査にホーム・アローンは含まれていなかったが、この新作は公開後5日間で2,400万回以上再生され、2万件以上のコメントが付いている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | クリスマス | YouTube | 広告 | idle

 関連ストーリー:
米バーガーキング、マクドナルドでワッパーを注文すると1セントで買えるというプロモーションを開始 2018年12月08日
新作が公開されたら観たい映画のシリーズ作品、何かある? 2018年12月01日
英スーパーマーケットチェーンのクリスマス向けテレビCM、政治的だとして放送禁止に 2018年11月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleYouTubePixel 3

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース