「魔界村」の世界で魔物を倒したい娘のために、娘が主人公のゲームを開発

2018年12月22日 08:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ゲーム「魔界村」シリーズが好きで、いつかゲーム中に登場したいと願っていた娘のため、自ら娘を主人公とした「魔界村」風のゲームを開発した開発者がいるそうだ。このゲーム「バトルプリンセス マデリーン」がついに完成し、Steamなどのプラットフォームで発売された。日本でもローカライズされたPlayStation 4/Nintendo Switch版が12月20日に発売される(ファミ通AUTOMATON)。

 このゲームの開発が発表されたのは2015年。その後2017年にクラウドファンディングで開発資金の募集が行われ、21万2665カナダドル(約1733万円)の募集に成功している

 ベームメディアによるレビューは比較的好評価のようだが、Steam上のレビューでは一部のゲームデザインに対し不評の声も見られる。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
タニタ、ゲームコントローラ開発に再挑戦 2018年10月19日
クラウドファンディングでスマホゲーム業界漫画の出資を募集中 2016年03月22日
元カプコンの稲船氏、新作の制作費用としてクラウドファンディングで3.7億円以上を集める 2013年10月03日
娘にせがまれ、ドンキーコングをハックした父 2013年03月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドファンディングゲームプレイステーション(PlayStation)カナダPlayStation 4(PS4)Nintendo Switch

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース