スズキタカユキ、2019年春夏コレクション発表

2018年12月18日 22:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 スズキタカユキ(suzuki takayuki)の2019年春夏コレクションが発表された。

■テーマは"突風"

 シーズンテーマは、"突風"を意味する「sudden gust of wind」。北海道で暮らすデザイナー・スズキタカユキが、日常の中にある風を表現したピースを生み出していく。

 草原を駆けてくる風、田んぼのあぜ道を抜けていく風、街角でビルの隙間から吹き付ける風...日常の中で風が吹くのは一瞬の出来事だ。それなのに、いや、だからこそ、はっとした印象深さがあり、刹那的な美しさを感じる。そんなイメージをパターン、テキスタイル、カラーリングで表現していく。

■空気の流れを感じさせるパターンメイキング

 意識したのは、動いた時に美しく見える、空気の流れを感じさせるようなパターンメイキング。たとえばスカートには、布の流れ、方向性を感じられるような分量感と密度を意識して、タックやギャザー、フレアなどの手法を多く採用している。

■風を受け止めるテキスタイル

 テキスタイル選びにおいてポイントになったのも、空気の流れを感じさせる素材であるかどうかだ。シルクやコットンといった軽やかで繊細な生地、強い風を受け止めるしっとりとしなやかな麻の生地を多く使用した。

■瞬間的な美しさを感じさせる赤

 キーカラーは、赤。風のように瞬間的に心に残る色として、シャープで力強い赤をセレクトした。ハッとさせられる存在感を持つ赤を、ウィメンズのワンピースやスカート、メンズのセットアップなど、ありとあらゆるアイテムに取り入れている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスズキタカユキ(suzuki takayuki)2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース