若者にURL離れか

2018年12月18日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 最近の若者は「URL」を知らない、もしくは使わないのではないかという仮説が出ている(AbemaTIMESITmedia)。

 最近ではSNSやチャットアプリでの情報共有の際、目的の情報が掲載されているWebページのURLではなくそのページを表示したスクリーンショットを送るということがあるそうだ。そこから「若者がURLを知らない」という仮説が生まれたようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Instagram、平文パスワードが含まれたURLを生成してしまう不具合 2018年11月21日
URLに変わる新しい仕組みを模索するGoogle Chrome開発者ら 2018年09月11日
10代の若者はGoogleよりもTwitterで情報収集をしている 2017年05月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース