Apple Storeの従業員マニュアル、「バグ」や「問題」使うなという指示

2018年12月12日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Apple Storeで働くGeniusと呼ばれるサポートスタッフに配られるマニュアルには「使ってはいけない言葉」が定められているそうだ(The GuardianGIGAZINESlashdot)。

 Geniusは主にApple製品を利用していて問題が発生した顧客の対応を行うことになる。このマニュアルには、こういった顧客の感情をポジティブなものにしつつ信頼を回復させるためのテクニックが記載されているそうで、その1つに「Feel(感じる)」、「Felt(感じた)」、「Found(気づいた)」という3つの「F」があるという。

 たとえば顧客が「このMacは価格が高すぎます」と言ってきた場合、マニュアルではGeniusは「あなたがそう感じる(Feel)のも分かります。私もこの価格は少し高いと感じました(Felt)が、内蔵されているソフトウェアや機能に真の価値があると気づきました(Found)」と答えるよう指示されているという。

 そのほか、「クラッシュ(crash)」「ハング(hang)」「バグ(bug)」「問題(problem)」といった言葉を使わず、代わりに「反応しない(does not respond)」「反応が止まった(stops responding)」「状態(condition)」「重要な点(issue)」「状況(situation)」といった言葉を使うという指示もあるという。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | アップル

 関連ストーリー:
個人アプリ開発者でも電話サポートの提供にはメリットがある? 2017年11月08日
Sophosのサポートエンジニア曰く、ライブチャットは電話サポートよりも効率が悪い 2012年08月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleMac

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース