転売が禁止されたチケットの転売、違法化へ

2018年12月11日 15:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 12月8日、イベントのチケットを不正に転売することを規制する法案が可決された(ITmedia法案)。

 対象となるチケットは、「興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨」が明示されたもので、かつそのチケット購入者もしくはそのチケットで入場する人の氏名や電話番号、メールアドレスなどの連絡先が券面に印刷された、もしくは電子的に表示されるもの。違反者に対しては1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が課せられる。

 施行は公布から6か月後となっている。

 スラドのコメントを読む | 政府

 関連ストーリー:
米国でボットによる買い占めを禁止する法案が提出される 2018年12月01日
人気マンガとコラボしたグッズの販売元、転売者に損害賠償請求へ 2018年10月22日
チケットぴあ、チケットの再販、分配、引取を行うサービス「Cloak」を開始 2018年04月19日
チケットのネットでの高額転売を規制する法案がまとめられる 2017年12月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース