男性スキンケアのバルクオム、VCから5億円の資金調達 シェア拡大目指す

2018年12月10日 21:26

小

中

大

印刷

(画像: バルクオム)

(画像: バルクオム)[写真拡大]

写真の拡大

 メンズスキンケア商品を展開するバルクオムが10日、ニッセイ・キャピタルより約5億円の投資を得たと発表した。バルクオムではこの資金を、今後のプロモーション強化に充てるとしている。

【こちらも】東大IPC、東大関連の宇宙ベンチャー3社に計7億円を出資

 バルクオムが展開するメンズスキンケアブランドの「BULK HOMME」は、2013年にデビュー以降、シリーズ累計200万本以上を出荷しているヒット商品。男性化粧品市場において、「男性も本質的なスキンケアを」という新たな価値をうみ出した。スキンケアを暮らしの一部に取り入れることで、肌荒れを引き起こす生活やライフスタイルの乱れの改善を提唱している。

 国内では、11月現在で小売店・ヘアサロンを中心に750店舗の取扱があり、公式オンラインストアでは、すでに5万人以上が購入している。AmazonやベストコスメなどのECサイトの売れ筋ランキングで、何度もトップを獲得する実力だ。海外でも、台湾や中国、韓国のアジア圏を中心に、展開を拡大している。

 ここまでヒットした理由のひとつが、男性の肌の悩みを解消する理想の成分を50種類以上の中から選び、国内工場にて1%単位で調整・配合した、メイドインジャパンの品質だ。また、洗う、潤す、守るの簡単3ステップも人気に火を付けた。

 ベンチャーキャピタル大手のニッセイ・キャピタル側は、化粧品市場が今後大きな変化がうまれるマーケットと捉えており、既存会員の高いリピート率を持つバルクオムに対して、今後のD2Cにおける展開に大きな期待を寄せている。また、そのリーディングカンパニーとしてのポテンシャルを評価し、今回出資を行った。

 一方のバルクオム側も、アジア圏のみならず世界中の男性から選ばれるスキンケアブランドへの成長を目指し、一層のブランドシェア拡大に注力するとしている。

 スキンケア市場では成熟度が高い韓国や、メジャーブランドがひしめく欧米市場において、メイドインジャパンの品質がどこまで浸透できるか、バルクオムの今後に期待したい。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース