高速道路の工事作業員に鉛中毒の症状、塗装内の鉛を吸引か

2018年12月4日 23:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年5月、高速道路の補強工事を行なっていた作業員2名らから鉛中毒の症状が確認されたという。また、実際に症状が出た作業員以外だけでなく、血中の鉛濃度が異常に高い作業員も複数確認されている(NHK)。

 鉛が体内に蓄積されると、激しい腹痛や手足の痺れといった症状が発生するほか、重症化するとマヒが残ったり死亡するケースもあるという。今回の事案では、塗装内に鉛が含まれており、古い塗装を剥がす際に飛び散ったを吸い込んでしまったのが原因ではないかと見られている。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
農薬が知的障害の原因になるという研究結果 2018年10月30日
Apple、鉛フリーハンダ合金に関する特許の侵害で訴えられる 2018年07月24日
過酸化水素水の服用が体にいいと信じ、実際に飲んで中毒になる人が米国で続出 2018年05月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース