Amazon.com、独自にARMベースのプロセッサを開発 EC2で提供開始

2018年12月3日 17:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Amazon.comがARMアーキテクチャを採用した独自のサーバー向けプロセッサを開発したことを発表している。このプロセッサはすでにAmazonのデータセンターで稼動しており、Amazon Web Services(AWS)のEC2でこのプロセッサを使用した環境の提供を開始している(ITmedia日経新聞BloombergGeekWireSlashdot)。

 このプロセッサを使ったインスタンスは「a1」と名付けられており、仮想CPU数に応じて「medium」から「4xlarge」までの5種類が用意されている。料金は1時間当たり0.0255ドルから(米国東部リージョンの場合)と安価なのが特徴。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | IT

 関連ストーリー:
Pixel 2には「Pixel Visual Core」という独自のプロセッサが搭載されている 2017年10月24日
AMD、x86とARMとでピン互換のあるSoCや独自の高性能ARMコア「K12」を開発へ 2014年05月07日
Google、自社向けに独自のARMプロセッサを開発中? 2013年12月19日
Appleが独自プロセッサ開発を促進か 2009年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazonARM

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース