NY原油:反発で51.45ドル、ロシアとOPECによる協調減産観測広がる

2018年11月30日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY原油:反発で51.45ドル、ロシアとOPECによる協調減産観測広がる
NY原油先物1月限は反発(NYMEX原油1月限終値:51.45 ↑1.16)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+1.16ドルの51.45ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時49.41ドルまで下落したが、通常取引終了時点にかけて買い戻しが入った。ロシアのプーチン大統領は60ドル前後の原油価格は全く問題ないとの見方を示しており、石油輸出機構(OPEC)と協調減産を実施するとの観測が広がったことが原油先物の買い戻しにつながったとみられる。《CS》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース