国際 RSS

 

インド初、象の病院がオープン

2018年11月29日 17:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 やや旧聞となるが、インド北部ウッタル プラデーシュ州のマトゥラーで16日、インド初となる象の病院がオープンしたそうだ(Wildlife SOSReutersMashable)。

 この病院「Wildlife SOS Elephant Hospital」は怪我や病気、高齢のゾウを治療するために作られたもので、広さ12,000平方フィート(約1,115平方メートル)以上。意外と狭いような気もするが、無線式のX線装置やサーモグラフィー装置、超音波検査装置、麻酔銃などを備え、隔離検疫施設も用意されているという。ただし、来院するのはゾウだけではなく、アトラクションとして旅行者の人気も集めているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
隠れて交尾をするのは人間だけではない 2018年11月28日
少年がたまたま躓き転んだ場所に、象の祖先の化石 2017年07月28日
西シベリアで発見の体毛は雪男である確率60~70% 2012年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインド

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース