NHK、受信料を月額59円値下げ 衛星は月額102円の値下げ

2018年11月29日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NHKが11月27日、受信料値下げを含む「NHK経営計画(2018-2020年度)」の修正について発表した(発表PDFAV Watch)。

 これによると、2019年10月の消費税増税時に税込みの受信料額を据え置くことで、消費税増税分の2%を実質値下げする。さらに2020年10月より地上契約と衛星契約を2.5%値下げするという。値下げ相当額は「継続振込 2か月払」の場合地上契約で月額59円、衛星契約で月額102円となる。値下げの原資は受信料収入の増加分を充てるようだ。

 スラドのコメントを読む | テレビ

 関連ストーリー:
NHK、TVと同時の番組ネット配信に向け受信料値下げへ 2018年10月15日
最高裁、マンスリーマンション入居者もNHK受信契約を結ぶ必要があると判断 2018年08月31日
NHK、TV番組ネット配信サービスTVerでの番組配信に参加へ 2018年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNHK受信料

広告

広告

写真で見るニュース

  • 水蒸気噴火のイメージ。
  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース