南極大陸東部の氷の下に熱源が存在する可能性

2018年11月28日 14:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 南極東部の地下に巨大な熱源が存在し、これによって南極の氷が底から溶かされているのではないかという研究結果が発表された(スプートニク日本Science AlertScientific Reports誌掲載論文)。

 航空機を使ったレーダーによる調査で、南極の一部でその表面を覆う氷が底から溶けている可能性が確認されたという。そして、溶けた水によって氷河の下に湖ができている可能性もあるという。

 南極では氷河の崩壊による海面上昇への影響が問題となっているが(過去記事)。現状でこの熱源が南極の氷河融解や海面上昇に大きな影響を与えているとは考えられていないようだ。ただし、将来的な影響については不明だという。

 スラドのコメントを読む | 原子力

 関連ストーリー:
南極のトッテン氷河に溶解リスク 2018年01月04日
南極の氷河崩壊による海面上昇速度は予想よりも早い 2017年12月02日
南極の氷は地球内部からの熱によっても溶かされていたという説 2017年11月17日
南極の氷の下に新たに91の「火山の可能性がある地形」が見つかる 2017年08月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード南極

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース