質量を推進力に変えペダリングをアシストする自転車ホイールが登場

2018年11月27日 22:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 バッテリーなどのエネルギー源なしに自転車の運転をアシストしてくれるというホイール「SuperWheel」なるものが発表されている。現在クラウドファンディングが行われ、製品化のための資金調達が行われている(Bouncy)。

 「Weight (mass) to energy conversion technology (WTECT)」(重量をエネルギーに変換する技術)なるものが採用されており、ホイールのスポーク部分にバネが仕組まれた構造になっている。これによって、運転者の重量に対する地面からの反力を推進力に変える、というようなシステムのようだ。

 スラドのコメントを読む | 変なモノ | 交通

 関連ストーリー:
クランクとギヤの間にシリコーンゴムを入れることでペダリングをアシストする技術 2018年06月21日
自転車を簡単に電動アシスト化するコンバージョンキット 2016年07月21日
自転車のペダルに組み込むだけで電動アシストに早変わり 2010年06月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドファンディング

広告

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース