NICT、国内IPアドレスを対象としたポートスキャンを実施へ

2018年11月13日 08:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年1月、単純なパスワードが設定された機器への調査目的の不正アクセスを合法化する動きがあることが話題となったが、今年5月に国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に対しこういったアクセスを認めるような法改正が行われ、11月1日に施行されたとのこと。これを受けてNICTが国内IPv4アドレスに対するポートスキャンを実施すると発表しているINTERNET Watch)。

 ポートスキャン対象ポートはTCPの22番および23番、80番ポートなどとされている。また、ポートが開放されているIPアドレスに対しては返答などのバナー情報を収集するとのこと。まずは11月14日から来年1月末までに事前調査を行う予定で、事前調査ではNICTが利用している次の3つのアドレスからの発信が行われるとのこと。

 210.150.186.238 
 122.1.4.87 
  122.1.4.88 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
OpenPGPとS/MIMEに脆弱性、適切な実装をしていないクライアントが原因 2018年05月16日
単純なパスワードが設定された機器への調査目的の不正アクセスを合法化する動き 2018年01月23日
10000/TCPへのポートスキャンが増加、bashのShellshock脆弱性を狙う? 2014年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード情報通信研究機構(NICT)パスワード

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース