Jトラスト:10月の国内債務保証残高が60%増加し9月の55%増に続き大幅拡大

2018年11月8日 11:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■東南アジア事業ではインドネシアのオリンピンド・マルチ・ファイナンス社が活動を開始

 Jトラスト<8508>(東2)が11月7日に発表した10月の月次動向「月次データ推移・速報値」(2017年7月計数よりIFRS:国際会計基準ベースで集計)は、国内金融事業のアパートローンを含む債務保証残高が1838億円(前年同月比59.8%増加)となり、9月の同54.7%増に続いて大幅に拡大した。IFRS適用後すべての月で続けて拡大した。また、前月比でもIFRS適用後、毎月拡大している。

 8日の株価は朝方に603円(18円高)まで上げ、11時にかけても600円(15円高)前後で推移している。

 海外では、韓国及びモンゴル金融事業のうち、韓国の銀行業における貸出金残高(JT親愛貯蓄銀行、JT貯蓄銀行の合計)が3兆493億ウォン(同14.8%増加)となり、前月よりは167億ウォン減少したものの、前年同月比ではIFRS適用後すべての月で続けて拡大した。

 また、東南アジア金融事業では、インドネシアを拠点とするバンクJTトラスト・インドネシア(BJI:Bank JTrust Indonesia)の銀行業における貸出金残高が11兆7929億ルピア(同5.3%増加)となった。

 インドネシアでは、オートローン業界の老舗であるPT OLYMPINDO MULTI FINANCE(オリンピンド・マルチ・ファイナンス、本社・ジャカルタ特別市)の連結化に向けた株式取得などの手続きが10月4日完了し、Jトラストの連結子会社(孫会社)として銀行などと連携した厚みのある事業を開始した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース