国際 RSS

 

Twitter、米国中間選挙の投票妨害狙うアカウント1万件超を削除

2018年11月8日 14:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 米国では上院議員および下院議員の選挙(中間選挙)が行われたが、米Twitterがこの選挙への介入を意図した工作を行ったと判断されたアカウント1万件以上を削除したという(CNET JapanTechCrunchReutersSlashdot)。

 削除されたアカウントは「民主党員だと名乗って選挙への棄権を訴える」というものだそうだ。民主党からはこういった問題があるとの報告がTwitterにあったという。

 これらアカウントは米国内で作成されたと見られている。米民主党下院選挙対策委員会(DCCC)は、前回の大統領選の反省から、ソーシャルメディア上の悪意のあるBotアカウントを特定して報告するためのシステムを開発したという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | Twitter

 関連ストーリー:
Twitter、スパム報告機能を細分化して強化 2018年11月06日
欧州委、FacebookとTwitterに対しEU消費者保護関連法の年内順守を命令 2018年09月26日
Apple、個人開発者のギャンブル系アプリを一斉リジェクトか 2018年08月09日
Twitter、偽アカウントなどの「ロックされたアカウント」をフォロワーとしてカウントしないよう仕様変更 2018年07月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter選挙

広告