ゲームパッド対応アーケードゲーム筐体は普及するか

2018年11月1日 22:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 新作アーケードゲーム「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」は標準で筐体にゲームパッドやヘッドホン端子などが搭載されており、アーケードゲームで一般的なレバー+ボタンという操作だけでなくゲームパッドでのプレイに標準で対応しているとのこと(4gamer)。

 ゲームパッドはPS4風、というか多分HORIのこれ。家庭用ゲーム機でも何作も出ているシリーズなので、家庭用版で楽しんでいた人がそのままの操作感でプレイできるようにという配慮だと思われる。

 ゲームパッド対応のアーケードゲームはときどき登場するが、いまいち定着せずに消えている。ただゲームセンターで遊ぶ人口が減っているのは確かなので、今後こういう試みは増えるのだろうか。

 ゲームパッド対応アーケードゲームとしては、コナミの「ウイニングイレブン アーケード」シリーズがPlayStation 2/3のコントローラ接続端子を備えており、持ち込んだコントローラを接続できる仕様になっていたほか、ポッ拳は標準でゲームパッドを備えた筐体を提供していた。また、それ以外にも一部の店舗でゲームパッドを使うロケテストが行われたこともあるようだ(格ゲーチェッカーインサイド)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ゲーム

 関連ストーリー:
タニタ、ゲームコントローラ開発に再挑戦 2018年10月19日
タイトー、ゲーセン筐体を3/4スケールで再現した家庭用ゲーム筐体を発売 2018年09月20日
アーケード筐体をハックしてデレステをプレイ 2017年11月08日
「艦これアーケード」の稼動でゲーセンで文化摩擦発生 2016年04月28日
その場でカードが物理的に印刷されるトレーディングカードアーケードゲーム 2016年02月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード機動戦士ガンダムプレイステーション(PlayStation)コナミ

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース