VRでの死は肉体に影響を及ぼすか

2018年10月31日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 VRで死ぬとリアルの肉体に影響が、というのはSAOはじめいくつものSF作品でお馴染みの光景であるが、ある廃VRプレイヤーがゲーム内で断頭台(ギロチン)を体験したところ、本当に体が動かなくなり意識が遠くなったと報告し話題を集めている(MoguraVR)。

 舞台となったのはここ最近VR界隈で人気の「VRChat」というVR版SecondLife的なアプリ(VRChat解説記事)。VRChatでは、各人がUnityで自作したワールドを公開することができるのだが、こうしたワールドの一つとしてギロチンを体験する「Battle of Camlann」というものが存在している。

 VRChatを650時間以上もプレイし「アバターを触られると体を触られた感覚がする」という廃プレイヤーのnarihara氏は、では切られたらどうなるのだろうと、このギロチンに挑戦してみたとのこと。しかしワールドの演出もあり次第に怖くなり、最終的にギロチンが落ちると、首元への強烈な触覚と共に、意識が遠くなってしまったという。心配した友人達が駆け付け声をかけ続けたところ意識は回復したものの、手足の痺れや冷汗が止まらず、暫く立てなくなってしまったとのこと。

 またこの話を取材した(同じく廃VRプレイヤーである)MoguraVRの記者がギロチンを体験したところ、同様の症状が起き、さらにVR内で切り落とされた左手に痺れが発生したという。いずれも症状は30分ほどで落ち着いたようだが、両者とも「VRと魂の適応度が高い人は注意するように」と語っている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
ARゴーグル「Magic Leap One」、Oculus創業者が酷評 2018年09月05日
VRの多用は健康を害す? 2018年08月13日
VRゴーグルやグローブ型コントローラでアバターのように操作できる分身ロボット 2018年06月04日
オランダの葬儀関連見本市に自殺装置が展示される、VRで体験も可能 2018年04月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードVR

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース