ゲーム開発元、Steamに低評価投稿したユーザーのライセンスキーを無効化

2018年10月28日 23:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 とあるインディーゲーム開発元がSteamに投稿された低評価レビューに立腹し、その投稿を行なったユーザーのライセンスキーを無効化してゲームをプレイできなくさせたというトラブルがあったそうだ(AUTOMATON)。

 問題のレビューはゲームの良い点と悪い点の両方を指摘し、良い点よりも悪い点の方が多いとして「オススメしない」という評価としている。プレイ時間は1.2時間となっており、長時間プレイした訳ではないが一プレイヤーの感想としては悪質なものではない。しかし、開発元はこの投稿を見て「怒りを抱いた」そうで、レビュー主を調べてキーを無効化してしまったという。

 SteamにはSteam外で入手したライセンスキーを無効にする機能があり、これが使われたそうだ。しかし、正規に購入したゲームに対し、低評価のレビューを投稿したからといってキーを無効化するという行為については批判が集まっている。なお、その後この開発元は謝罪し新たなライセンスキーを提供したという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ゲーム | プライバシ

 関連ストーリー:
Booking.comの低評価レビューに逆切れした高野山宿坊の僧侶が話題に 2018年07月29日
楽天、レビューで低い評価をしたユーザーに対し電話で不満点を聞き取るサービスを開始へ 2016年02月08日
Google Play、匿名でのレビュー投稿ができなくなる 2012年12月01日
Final Cut Pro X、App Store で酷評される 2011年06月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース