東京証券取引所のシステム障害、IPアドレスの重複が原因

2018年10月26日 11:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

takac曰く、 10月9日に東京証券取引所(東証)でシステム障害が発生したが(過去記事)、障害の発端は設定ミスによるIPアドレスの重複だったようだ(日経新聞ITmedia日本取引所グループの発表)。

 この障害はメリルリンチ証券からの「大量の電文」が短時間農地に送信されたのが原因だが、同社の仮想サーバー2台が同じIPアドレスを使用し、かつ2台が同時に東証のゲートウェイに対し接続を試みたためにTCP接続の不整合が発生して大量の再送要求が発生したという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | インターネット

 関連ストーリー:
東証で売買システムに障害が発生、「通常の1000倍以上の動作確認用電文」が送られたのが原因 2018年10月10日
Google Public DNSのxvideos.comに対する謎の挙動 2014年06月10日
XREA.comで名前解決に起因するアクセス障害 2006年04月10日
APNICのDNSサーバ障害で一部のDNS逆引きが使えなくなる 2005年10月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース