世界のインターネット普及率、伸び悩む 貧困層や女性への普及が壁に

2018年10月24日 00:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 World Wide Web Foundationが来月公開を予定している最新のデータによると、特に2015年以降、世界におけるインターネットの普及率は大幅に伸び悩んでいるという(GuardianSlashdot)。

 2014年の予想では、2017年には世界の約半分の人がインターネットにアクセス可能になるとされていた。しかし、2007年にはブロードバンドにアクセスできる人口は19%増加していたのに対し、2017年の増加率は6%未満だという。

 伸び悩みの原因は、女性および農村などの貧困層への普及が難しくなっているためだという。調査によると、未だにインターネットを利用できていない38億人の多くが女性であるという。国際電気通信連合(UIA)のデータによると、アフリカでは女性のインターネット利用率は2割以下、中東やアジアでも4割以下だとされている。

 こうしたインターネット未接続の人々は、オンラインでの教育や議論、社会コミュニティへの参加、税金申告やIDカード申請といったデジタルサービスなどを利用できない。日常生活のデジタル化が進むにつれ、こうしたオフライン人口の人々はますます社会から疎外されて、不公平感が広がることになると危惧されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット

 関連ストーリー:
IPアドレスの増加と国内総生産には相関関係がある 2017年02月07日
日本でのスマホ普及率は38%、先進国で最低水準 2013年07月16日
中国のインターネットユーザー、5億人を突破 2012年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード貧困

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース