欧州為替:ドル・円は112円15銭から112円36銭で推移

2018年10月23日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:05JST 欧州為替:ドル・円は112円15銭から112円36銭で推移
 23日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円15銭から112円36銭で推移した。欧州株は全面安となり、米株先物も大きく売られ、米10年債利回りが一時3.13%台まで低下し、ドル売り、円買いが強まった。


 ユーロ・ドルは1.1456ドルから1.1486ドルで推移し、ユーロ・円は128円60銭から129円00銭で推移した。ユーロ売りが一服し、買い戻し気味になった。


 ポンド・ドルは1.2984ドルから1.3044ドルまで上昇。英国のEU離脱交渉の合意期待からポンド買いが強まった。ドル・スイスフランは0.9941フランから0.9966フランで推移した。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
  • 夏の暑さ対策になるという塩分入り「熱中対策コーラ」(写真:赤穂化成の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース