マイクロソフト、「4年前のPCは1台あたり34万9983円の損失」 故障率の高まりで

2018年10月20日 13:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本マイクロソフトが記者発表会で「4年前のPC1台あたり34万9,983円の損失」などと主張しているとのこと(ITmedia)。

 根拠として、PCの故障率は経年によって増加していき、1年未満で1%、1年で7%、2年で14%、3年で20%、4年で67%と、4年を超えると大きく増加するという。同社執行役員によると、「バッテリーの不具合や、OS立ち上がりの遅さ、メモリの寿命によるクラッシュなどのトラブルが4年目以降に頻発する」のだそうだ。

 故障が発生すると、「本来生産が可能だった時間を失う」ことになり、そのコストが上記の「34万9,983円の損失」なのだという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ノートPC

 関連ストーリー:
昨今のHDDは熱によるプラッタの消耗によるトラブルが多い? 2017年09月22日
Amazon.co.jp、カメラやタブレットの「延長保証サービス」を提供開始 2015年07月08日
HGST曰く、「データセンターでデータセンター向けHDDを使用しないと故障率が高くなる」 2015年05月11日
猛暑でPCの故障が増加 2013年09月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマイクロソフト

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース