KSKロールオーバーが実施

2018年10月13日 15:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年注意喚起が行われていたDNSSECの公開鍵更新(KSKロールオーバー)は結局延期となっていたのだが、いよいよこのKSKロールオーバーが日本時間の10月12日1時に実施された(JPNIC)。特に大きな影響などは確認されていないようだ。

 INTERNET Watchによると、そもそも一般利用者に対しトラブルが発生する可能性はほぼないとのこと。ただ、ローカルネットワーク内のキャッシュDNSサーバーが対応されておらず接続できない、といったトラブルは発生する可能性があるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
OSSの主要DNSサーバソフトウェア、2019年2月よりEDNS実装不備環境への回避処理を削除へ 2018年07月17日
DNSSECにおけるルートゾーンKSKの更新処理、延期に 2017年09月30日
DNSSECの公開鍵更新でトラブルが発生する可能性、事前の検証を推奨 2017年07月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース