Apple Watch Series 4、再起動ループの不具合 サマータイム原因か

2018年10月12日 13:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Apple Watchの最新モデル「Series 4」で、再起動が繰り返される不具合が発生しているという。この問題はオーストラリアで発生しており、不具合発生がサマータイムから通常時間への切り替えタイミングだったことからサマータイム関連の不具合だと見られている(Engadget KapaneseMacRumorsSlashdot)。

 問題が発生しているのは24時間のアクティビティをグラフ表示する「アクティビティコンプリケーション」という機能とされており、対処方法としてはタイムゾーンをサマータイムのない地域に切り替えて問題の機能を無効にするという方法があるという。

 今後この不具合が修正されない限り、サマータイムを導入している他の地域でも発生する可能性がある。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | バグ | アップル

 関連ストーリー:
東京五輪のサマータイム、導入断念へ 2018年09月28日
EU、サマータイム反対の声を受けて夏時間制の廃止を提案へ 2018年09月03日
コンピュータシステムのサマータイム対応を巡る2つの楽観論 2018年08月09日
Windows搭載の一部PCで時計が1時間早まる不具合が発生。MSが修正を発表するも原因は非公表 2017年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleオーストラリアApple Watchサマータイム

「タブレット・ウェアラブル端末」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース