ローソン 急落、上半期上振れ決算も事前観測報道通りで出尽くし感優勢に

2018年10月12日 13:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:45JST ローソン---急落、上半期上振れ決算も事前観測報道通りで出尽くし感優勢に
ローソン<2651>は急落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は345億円で前年同期比11.5%減益となった。会社側期初計画の305億円を上回る着地となったが、先の観測報道通りの水準でああり、通期計画は据え置いていることで、当面の材料出尽くし感が先行しているもよう。通期の売上高計画は下方修正されているように、競争激化に伴う既存店客数の減少という課題も解決しきれていないとの見方に。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース