Google+、終了へ

2018年10月12日 09:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Googleが8日、Google+の一般向けサービスを終了すると発表した。Google+が消費者の期待に応えるようなサービスでありつづけるには大きなチャレンジが必要であり、その一方でGoogle+はあまり使われていないことからサービス終了を決めたという(AFPITmedia)。

 また発表によると、GoogleはGoogle+のAPIの一部に不具合があり、ユーザーが一部ユーザーのみが閲覧できるように設定されたプロフィールが、API経由で本来閲覧権限のないユーザーからも閲覧できるようになっていたという。閲覧できたデータはPeaple APIで取得できるものだけとのこと。メッセージや電話番号、そのほかGoogleアカウントに紐付けたデータなどが対象外。この問題は2018年3月に修正されているとのこと。

 Googleはこの問題が悪用された形跡はないとしている。この不具合の発表が遅れたのは、当時Facebookの情報流出問題が話題になっており、そのタイミングでの発表はまずいと思ったのが理由のようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ビジネス | Google | 情報漏洩

 関連ストーリー:
Google Talk、終了へ。Google Hangoutsへ完全移行 2017年03月28日
Google+を活発に利用するユーザーはほとんどいない、という分析結果 2015年01月23日
Googleのエリック・シュミット曰く「Google+ はアイデンティティサービス」 2011年08月31日
はてなの非公開ブックマークがダダ漏れ、しかし誰も驚かず 2009年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogle

「SNS、ソーシャルサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース