Haiku、R1/beta1をリリース

2018年10月11日 12:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 いささか旧聞となるが、BeOSの後継として開発されてきたHaiku OSの初のベータ版が9月28日に公開された(Haiku ProjectのアナウンスリリースノートSlashdot)。

 その前にリリースされた開発版は2012年11月にリリースされたR1/alpha4であり、約6年ぶりの新リリースとなる。

 パッケージ管理システムの導入やEFIへの対応、スケジューラの変更等、多くの変更が行われているとのこと。

 スラドのコメントを読む | OS | Be

 関連ストーリー:
日本BeOSネットワークが活動を終了 2012年11月03日
Haiku OS R1 Alpha 2リリース 2010年05月18日
Haiku R1α1、リリース 2009年09月15日
yT破産決定、一方でmagnussoft社ZETAβプログラム開始 2006年07月01日
生き残りをかけて、ZETAがゲームにフォーカスシフト? 2006年05月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース