Haiku、R1/beta1をリリース

2018年10月11日 12:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 いささか旧聞となるが、BeOSの後継として開発されてきたHaiku OSの初のベータ版が9月28日に公開された(Haiku ProjectのアナウンスリリースノートSlashdot)。

 その前にリリースされた開発版は2012年11月にリリースされたR1/alpha4であり、約6年ぶりの新リリースとなる。

 パッケージ管理システムの導入やEFIへの対応、スケジューラの変更等、多くの変更が行われているとのこと。

 スラドのコメントを読む | OS | Be

 関連ストーリー:
日本BeOSネットワークが活動を終了 2012年11月03日
Haiku OS R1 Alpha 2リリース 2010年05月18日
Haiku R1α1、リリース 2009年09月15日
yT破産決定、一方でmagnussoft社ZETAβプログラム開始 2006年07月01日
生き残りをかけて、ZETAがゲームにフォーカスシフト? 2006年05月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース