Google Chrome、Android Jelly Beanのサポートを近く終了か

2018年10月10日 23:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Android版Google ChromeでAndroid 4.1~4.3 Jelly Beanのサポート終了計画が進められているようだ(Android PoliceXDA Developers)。

 最近のコミットによると、サポートされていないバージョンのAndroid上ではChromeの設定画面やメニューに警告が表示されるように変更され、Jelly Beanはデフォルトでサポート外となっている。ただし、このコミットは「Work in Progress」となっており、具体的なJelly Beanのサポート終了時期については特に示されていない。

 Android Developersサイトで公開されている9月分のデータ(9月28日までの7日間)によると、Jelly Beanのシェアは3.2%。昨年10月分(10月2日までの7日間)の6.6%から半減している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | アップグレード | デベロッパー | IT | Android

 関連ストーリー:
Android OreoのシェアがLollipopを超える 2018年10月03日
Google Chrome、発表から10周年を迎える 2018年09月08日
Android版Chrome、低速接続時のJavaScript無効化機能をデフォルトで有効にする計画 2018年08月26日
Android KitKatのシェアが15%を切る、Oreoは0.2%を獲得 2017年10月07日
Androidバージョン別シェア、LollipopがJelly Beanを上回る 2015年12月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidChrome

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース