自動車の車載カメラ、「天下一品」の看板を進入禁止の標識と誤認識

2018年9月19日 09:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 自動車の車載カメラがラーメン店「天下一品」の看板を誤って「進入禁止」の標識として認識する、というケースがあるそうだ(Togetterまとめ)。

 天下一品の看板には「天下一品」という店名に加えて赤丸の上に白で「一」という感じが描かれており、確かに進入禁止のマークに似ている。また、ガソリンスタンド「ENEOS」の看板(赤の上に白文字で「ENEOS」)が進入禁止の標識と誤認識されるケースもあるようだ。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
国交省、自動運転についての注意喚起を行う 2017年04月21日
「公団ゴシック」を使った標識、今後減っていく見込み 2016年10月19日
年齢・性別に応じて変化する電子看板 2009年08月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース