リログループ<8876>のフィスコ二期業績予想

2018年9月16日 16:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:48JST リログループ<8876>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年8月31日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

リログループ<8876>

3ヶ月後
予想株価
3,200円

リロケーションサービスを日本で初めて事業化。福利厚生アウトソーシング、海外赴任業務のトータルサポートも展開。19.3期1Qは、借上社宅管理業務アウトソーシングサービス・賃貸管理事業が好調で増収2桁増益。

19.3期通期は2桁増収増益の予想。借上社宅管理業務、福利厚生代行サービス、賃貸管理等の各事業で伸長、会員数の堅調増を見込む。20.3期は8%程度の増収計画を見込む。株価は引き続き上昇基調を予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/250,000/18,400/20,000/12,500/83.80/25.00
20.3期連/F予/270,000/20,000/21,500/13,500/90.54/27.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/31
執筆者:HY《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース