月経周期から妊娠しやすさを予測のアプリ、米FDAから避妊ツールとして認定

2018年8月25日 07:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 月経周期から妊娠のしやすさを予測するスマートフォンアプリ「Natural Cycles」が、アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けたという。

 女性が体温計で体温を測定してこのアプリに入力することで、アプリが妊娠しやすい時期・しにくい時期を提示してくれるというもの。このアプリで「妊娠しにくい日」と提示された日に性行為を行なった場合の避妊失敗率は1.8%だったそうだ。一方、コンドーム避妊失敗率は18%とのことで、適切に利用すれば避妊効果は高いという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | テクノロジー | 医療 | 携帯電話

 関連ストーリー:
男性用避妊ピル、臨床実験結果は良好 2018年03月28日
緊急避妊薬の市販薬化見送り、産科婦人科学会が反対 2017年08月02日
開発が進むコンドーム以外の男性用避妊法 2015年02月17日
16年間有効のリモコン避妊インプラント 2014年07月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード妊娠

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース