Sony、Android 9 PieがXperiaにロールアウトするまでをインフォグラフィックで解説

2018年8月21日 22:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Sony MobileがブログでXperiaデバイスへのAndroid 9 Pieロールアウト計画を公表するとともに、新しいバージョンのAndroidがXperiaにロールアウトされるまでの流れをインフォグラフィックで解説している(Sony Mobile BlogThe VergeNeowinの記事[1]記事[2])。

 まず、プレミアムレンジのモデルXperia XZ2/XZ2 Premium/XZ2 Compact/XZ Premium/XZ1/XZ1 Compactには11月のロールアウトを計画。Xperia XA2/XA2 Ultra/XA2 Plusは2019年初めのロールアウトを計画しているとのこと。ただし、市場やキャリアによっては提供時期や提供の有無が異なることもある。

 Sonyによれば、Android新バージョンがXperiaデバイスへロールアウトするまでの流れは以下のようなものだ。

  Android新バージョンのリリース数週間前にGoogleからPlatform Development Kit(PDK)が送られてくる 
 Android新バージョンがリリースされたら、移植作業を開始 
 HALの開発。SonyはQualcommのコンポーネントをそのまま使うわけではないので、独自の開発が必要 
 通話やSMS、インターネット接続などスマートフォンの基本機能を実装 
 カスタムUIや標準アプリの強化、Sony独自アプリなどを追加 
 社内でのテストを開始 
 研究室でのテストに並行して社外ユーザーからのフィードバックを受け、安定性や電力に注力したテストを進める 
 Wi-FiやBluetoothが技術標準に準拠していることを確認。この段階ではすべてのデバイスでの品質とパフォーマンスが最優先課題となる 
 キャリアパートナーに動作確認を依頼 
 規制当局の認証やキャリアの許可を受け、Xperiaデバイスにロールアウト開始 
 ロールアウト後はマイナーアップデートを計画するため、サポートフォーラムやソーシャルメディアからユーザーのフィードバック収集を継続 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | Sony | 携帯電話 | デベロッパー | Android

 関連ストーリー:
Google、企業が導入するのに適したAndroidデバイスとサービスの推奨プログラムを発表 2018年02月25日
Lenovo、AndroidスマートフォンのカスタムUIを廃止、標準のAndroid採用へ 2017年08月09日
シニア向けスマホはシニアに不人気 2017年06月26日
Androidのカスタムファームウェアはこれからも必要か? 2017年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニーGoogleAndroidBluetoothXperiaQualcommWi-Fi(無線LAN)Android 9 Pie

広告