1941年創業の林吾、カスタマイズやリフォームの新店舗「アトリエ8845」オープン

2018年8月19日 10:23

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 バッグや財布などの製作・修理・リフォームを行う1941年創業の林吾(はやしご/大阪、林靖範社長)は8月17日、バッグや財布などのカスタマイズやリフォームができる新店舗「アトリエ8845(Aterier8845)」を大阪市東成区にオープンした。
 基本のパターンに好みのパーツを組み合わせてオーダーする「カスタムオーダー」と、デザイン・素材・カラーなどをすべてのパーツをお客と相談して製作する「フルオーダー」の2つのサービス用意した。1,000種類を越える革素材をはじめ、1万個の金具、300種類を越える口金などから好みの素材を選べる。
 古くなったバッグを財布に変えたり、形見のボストンバッグをクラッチバッグに変えるなど、愛着のある品物をリフォームできる。また、手持ちのアイテムのクリーニングや染め直し、ファスナー交換などの修理も受け付ける。「職人の技術で古き良きものを修理して大切に使い続けるリフォームサービスが強み。正規ブランドショップで修理が断られたような内容であっても、ヴィンテージの風合いを最大限に活かし、世界にひとつだけのアイテムを提供する」(同社)。
 


レザースカートをバッグにリフォーム(20万円)
 
 カスタムオーダーの場合は、バッグで5万円から。財布で2万円から。組み合わせるパーツは3,000円から。フルオーダーの場合は、バッグ30万円から。財布で10万円から。
 
■「アトリエ8845」店舗概要

営業時間:10:00 ~ 18:00

定休日:日曜、祝日

住所:大阪市東成区大今里 2-11-13

   (地下鉄千日前線、今里線、今里駅一番出口 徒歩3分)

電話番号:06-6736-5595

公式サイト
林吾 公式サイト

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードリフォーム

広告

広告

写真で見るニュース

  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース