モトローラ・ジャパン、「Moto G6」などAndroid 9.0 Pie対応へ 時期は未定

2018年8月17日 21:57

小

中

大

印刷

 モトローラ・モビリティ・ジャンパンは17日、スマートフォン「Moto G6 Plus」、「Moto G6」、「Moto Z2 Play」、「Moto X4」の4機種をAndroid 9.0 Pieへのアップデートに対応予定であることを発表した。詳しいアップデート時期については未定だが、今秋から今冬付近に実施される見込みとなっている。

【こちらも】モトローラ、「Moto G6/ G6 Plus」などスマホ3機種発売

 Android 9.0 Pieは、3月にGoogleから発表されたばかりの最新Android OSだ。6月にβ版がリリースされ、「Google Pixel」や「Sony Xperia」などの一部機種で提供されていた。そして8月7日に正式版がリリースされたばかりとなっている。

 正式版のAndroid 9.0 Pieは、現在のところ「Google Pixe」と「Essential Phone」の一部機種のみしかアップデートが開始されていない。今秋あたりから様々なメーカーのスマートフォンへのアップデートが開始予定となっており、海外モデルの「Sony Xperia」や「Xiaomi」「Oppo」などのメーカーの一部機種がアップデート予定と発表されている。

 国内モデルのスマートフォンは現在のところ殆ど未定で、「Sony Xperia」も国内モデルが対応する予定はない。モトローラがいち早く発表する形となった。他のメーカーのスマートフォンの対応やアップデート実施時期など、これからのモバイル市場の動向に期待したい。

■「Android 9.0 Pie」の機能

 Android 9.0 Pieでは、様々な機能が新たに追加される。主な追加機能はバッテリー使用の効率化による使用時間の延長や、使用している状況に合わせてアプリを自動で起動するレコメンド機能などだ。

 レコメンド機能は、例えばイヤホンを装着するとミュージック関連のアプリが起動したり、移動を開始するとナビが起動したりする機能だ。行動を学習し、使えば使うほど便利な機能となるのが特徴となっている。

 また、操作方法も変更されており、操作性の良さが向上していることにも注目したい。iOSと比較すると操作性に難があると言われていたAndroidだったが、このAndroid 9.0 Pieによって操作性でもiOSに匹敵するものとなるかもしれない。

 まだ、国内では対応している機種が少ないため、評価を受けるまでには時間がかかると思われるが、新しいAndroidの進化に期待していきたい。(記事:風祭・記事一覧を見る

関連キーワードGoogleAndroid

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース