エス・サイエンスがストップ高、第1四半期の利益が通期予想を上回る

2018年8月15日 16:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ニッケル市況高と不動産の大口売却収入があり売上高は前年同期の2.3倍

 エス・サイエンス<5721>(東1)は15日、前後場とも時間とともに上値を追う展開になり、14時30分頃からストップ高の99円(30円高、43%高)で売買をこなしている。電解ニッケルなどの取り扱いや教育事業、不動産事業を展開し、14日に発表した第1四半期の連結決算(2018年4~6月)の売上高が前年同期比2.3倍となったことなどが注目された。

 大口販売用不動産の売却収入があったことや、ニッケルの販売価額上昇と販売数量の増加が寄与し、営業利益は前年同期の0.8億円の赤字に対し1億円の黒字(期初に開示した通期予想は今回据え置き0.1億円の黒字)となった。純利益も黒字化し、通期予想を大きく上回った。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース