東電が福島第一原発で販売していたグッズ、批判受け販売中止に

2018年8月15日 14:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 東京電力が福島第一原発内で販売していた「福島第一原発の写真が印刷されたクリアファイル」が批判を受けて販売中止になったという(共同通信)。

 このクリアファイルは3枚セットで300円で、ほぼ利益はないという。福島第一原発を訪れた人から「記念品が欲しい」との要望を受けて販売していたそうだ。はてなブックマークでははてなユーザーからの実際の批判を見ることができる

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
なぜ日本では食品に対する放射線を使った殺菌が認められないのか 2018年08月14日
放射線を学べるRPG、登場 2018年05月08日
福島第一原発の燃料デブリ取り出し計画、当初は新規開口を設けずに既存の貫通孔を使用して作業を行う方針 2017年11月03日
福島原発事故に由来する被曝、子供や次世代への影響はないとの結論 2017年09月22日
茨城県東海村の加速器実験施設で放射性物質漏れ、30人以上が被曝 2013年05月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京電力福島第一原発

「電気・ガス・水道業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース