QBネットHDが10%高、来年2月からの値上げなど材料視

2018年8月14日 09:39

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■人材確保の難易度が急速に高まっていることなど要因に価格改定を発表

 キュービーネットホールディングス(QBネットHD)<6571>(東1)は14日、大きく反発して始まり、取引開始後に10%高の2200円(207円高)まで上げて出直りを強めている。「10分間の身だしなみ」を掲げて廉価理髪店「QBハウス」をチェーン展開し、13日の取引終了後、2018円6月期の連結決算と「価格改定のお知らせ」を発表。好感されている。

 発表によると、人材確保の難易度が急速に高まってきていることなどにより、2019年2月1日(金)から、国内の「QBハウス」全店で通常価格については現在の税込1080円を税込1200円に引き上げる。シニア価格(平日利用のみ、65歳以上)は現在の税込1000円を税込1100円に改定する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング