BAKE 、「加賀棒茶チーズタルト ほうじたて」9月1日発売 期間限定で

2018年8月13日 18:25

小

中

大

印刷

「加賀棒茶チーズタルト ほうじたて」(画像: BAKEの発表資料より)

「加賀棒茶チーズタルト ほうじたて」(画像: BAKEの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

■BAKEの新商品「加賀棒茶 ほうじたて」

 焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART(ベイクチーズタルト)」では、「加賀棒茶チーズタルト ほうじたて」を9月1日に発売する。石川県加賀市の老舗「丸八製茶場」の加賀棒茶を使用した期間限定のメニューで、販売は10月31日まで(金沢フォーラス店のみ8月27日より先行販売)。芳しい香りとすっきりとした口当たりが特徴。ほうじ茶とチーズタルトという意外な組み合わせで、新たな出会いがスイーツの歴史を変えるかもしれない。価格は1個270円(税込)。

【こちらも】ベイク、“マイナス18℃冷やしたて”「フローズン レモンチーズタルト」限定発売

■ほうじ茶とチーズタルトという意外な組み合わせ

 今回の商品は石川県加賀市にある老舗「丸八製茶場」のほうじ茶「加賀棒茶ほうじたて」を、チーズムースに練り込んだ香り高いチーズタルト。

 「加賀棒茶ほうじたて」はほうじ茶の一種だが、「葉」ではなく「茎」を使用したお茶。振動式のベルトコンベアで茎を回転させながら遠赤外線を当てることで、茎が芯から膨らみ旨味が凝縮される。それだけではなく、毎日の気温の変化に合わせて温度調節を行うことでアミノ酸を多く生成。ほのかな甘みを感じるすっきりとした味わいと、爽やかで香ばしい香りが特徴となっている。

 その旨味が凝縮された加賀棒茶をホワイトチョコレートとともにチーズムースと混ぜ合わせたのが「加賀棒茶チーズタルト ほうじたて」。口の中でほうじ茶の芳しい香りがふわりと広がり、両者の良さが引き立つバランスの良い味わいに仕上がっている。

■加賀の歴史ある老舗「丸八製茶場」

 丸八製茶場は、石川県加賀市で150年以上も続いている老舗。加賀棒茶をはじめ、ほうじ茶、煎茶、抹茶、玉露などの製造・販売を行っている。特にほうじ茶を好まれた昭和天皇が来訪したホテルからの献上依頼が、棒茶研究のきっかけという。

 納得のいく茎を探して東奔西走。焙煎方法や淹れ方などについても試行錯誤を繰り返し、漸く誕生したのが一番摘みの上質な茎を浅く焙じた「献上加賀棒茶」だ。(記事:Natsuki・記事一覧を見る

関連キーワードチョコレートベイク チーズタルト(BAKE CHEESE TART)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース