個別銘柄戦略:ロートや富士フイルムに注目

2018年8月13日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:02JST 個別銘柄戦略:ロートや富士フイルムに注目
先週末10日の米国市場では、NYダウは196.09ドル安の25313.14、ナスダック総合指数は52.67pt安の7839.11、シカゴ日経225先物は大阪日中取引比120円安の22180と、いずれも下落した。本日早朝の為替は1ドル110円台半ばと、前週末大引けより40銭ほど円高で推移している。先週からトルコリラの急落が投資家心理を冷やしており、本日もトルコ情勢を弱材料に売りが優勢となろう。対ユーロでの円高進行を受けて、精密機器など欧州売上高比率の高い銘柄の大幅安が予想される。一方、日銀新貿易協議は自動車と農業分野の対立を残したまま9月に持ち越しが決まった。短期的なイベント通過による安心感から、朝方に円高や先週末の米株安を反映した売りをこなした後は、自動車株を中心に下げ幅縮小が期待される。ロート<4527>、富士フイルム<4901>、特殊陶<5334>、ディスコ<6146>、富士電機<6504>、アルバック<6728>、JDI<6740>、Jパワー<9513>などに注目。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース