ぱど 1Qは減収なるも、各種施策に加え将来の成長に向けた先行投資を実施

2018年8月10日 21:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:02JST ぱど---1Qは減収なるも、各種施策に加え将来の成長に向けた先行投資を実施
ぱど<4833>は10日、2019年3月期第1四半期(2018年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比7.7%減の14.98億円、営業損失が2.42億円(前年同期は1.13億円の損失)、経常損失が2.38億円(同1.12億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が2.39億円(同5.61億円の損失)となった。

フリーペーパー・広告市場においては、スマートフォンやインターネット広告を利用した販促手法の多様化・拡大に伴い厳しい経営環境が続いているもよう。売上利益計画達成に向けて、家庭版の不採算エリアの発行を見直し、顧客満足に向きあうための営業組織分業化体制の促進、簡易SFAツールの導入など、各部門において将来の成長に向けた先行投資を中心に行った。引き続き、サンケイリビング新聞社を始めとするメディア関連のグループ会社間での協業の強化を行っていく。

2019年3月通期の業績予想は、売上高が前期比4.2%増の75.00億円、営業利益が同28.0%増の3.00億円、経常利益が同22.8%増の2.90億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同14.4%増の2.20億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース